認定NPO法人ARDA
MENU
MENU
前のページへ戻る

<キッズデー運営>in東京都美術館

対話で美術鑑賞 2017年08月28日

「この絵が好き。この紫色の所が、どこまでも奥に行くみたいで不思議」

現在、東京都美術館で開催中の「ボストン美術館の至宝−東西の名品、珠玉のコレクション」展。2017年7月31日、子どもたちのための特別な一日「キッズデー」が開催され、企画運営にARDAチームも加わりました。この日、展示を楽しんだのは、子どもたちと、一緒に来た大人の方だけ。来てくれた皆さんを、たくさんのアート・コミュニケータが迎えました。

この日のために、東京都美術館の学芸員、東京藝術大学の教員、「とびらプロジェクト(http://tobira-project.info)」のアート・コミュニケータ(愛称とびラー)と、とびラー任期満了後のアート・コミュニケータ、そして主催の朝日新聞社の皆さんが、ARDAスタッフと共に準備を進めてきました。

子どもたちとその保護者の皆さんが、作品と気持ちよく向き合えますように。お気に入りの作品が一つでも見つかりますように。美術館に来てよかったと思ってもらえますように。そんな思いで企画されたプログラムは全部で4つ。 思い思いのプログラムに参加することで、作品を見る糸口をつかんでいく子どもたちの表情は真剣そのものです。作品のスケッチをしたり、気づいたことをワークシートに書き込む子どもたちの様子が、熱を帯びた集中した空気を展示室内に作っていきます。

アート・コミュニケータと一緒に展覧会を楽しんでいる親子もいます。

「ベビーといっしょにミュージアム」は赤ちゃん連れの方の鑑賞にアート・コミュニケータがじっくりと寄り添うプログラム、 「とびとびスペシャル」は、障害の有無に関わらず、どんな親子連れも展示を楽しめるよう、アート・コミュニケータが伴走するプログラムです。

美術館に来ることを諦めないで欲しい。どんな時も、どんな人にも、開かれた美術館でありたい。どちらのプログラムも、関わるアート・コミュニケータが何度もミーティングを重ね、当日を迎えました。笑顔になってくれることが嬉しい。だからお互いに笑顔が湧いて来る、そんな時間が流れています。

展示室から出て来た子どもたちに聞いてみます。 「お気に入りの作品は見つかった?」 すると、

「これが好き。ここが本物みたいで、ここは陰で、それがキレイで」 「私はこれが好き。これはお花なんだよ」

自分の言葉で、自分が好きな作品のことをみんなが話してくれました。

最後に自分で作ったものを持って帰ることができるプログラムもあります。

「とびらボードでGO!」は、それぞれ展示室で描いたスケッチをポストカードに印刷して世界で一つだけのオリジナルぬり絵をつくり、子どもたちは作品の色を思い出しながら色をつけ持って帰ることができます。

来場した子どもたち全員へのプレゼント(先着1000名)の『ミュージアム・キット「きみもコレクター!」』は、作品シールと展示室カードを使って自分だけのミニ美術館が作れます。

どちらも大人気!本物の作品を直に味わった記憶をお家にお持ち帰りします。

アートと人、人と人、それぞれの心が触れるところに、感動や笑顔が生まれる。その瞬間を、身をもって知っている人たちがアート・コミュニケータです。今回のキッズデーでは、美術館のいたるところで子どもたちの感動の瞬間が生まれるのを目にしました。人の想いが息づく美術館で、作品に触れた子どもたち。この一日がどんな体験として残っていくのか、楽しみです。

 

(photo:中島佑輔 text:越川さくら)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<キッズデー概要>

展覧会名:ボストン美術館の至宝展—東西の名品、珠玉のコレクション(2017年7月20日〜10月9日) 開催場所:東京都美術館 企画展示室 開催日時:2017年7月31日(月) 9:30~16:00(最終入室は15:30まで) 来場対象:中学3年生以下のこどもとその保護者

特別プレゼント:『ミュージアム・キット「きみもコレクター!」』を、先着1,000名の来場者(中学3年生まで)に配布。『ミュージアム・キット「きみもコレクター!」』:美術館の展示室をイメージした専用の台紙とボストン美術館の至宝展の作品シールがセットになったミュージアム・キット。

 

<開催プログラム>

プログラム1:ミュージアム・キット「きみもコレクター!」を10倍楽しむ方法。 当日受付、対象:3歳~中学3年生。ミュージアム・キット「きみもコレクター!」の使い方や楽しみ方を伝授するプログラム。

プログラム2:とびらボードでGO! 当日受付、対象:3歳~中学3年生。展示室で本物の作品を、磁気式のお絵かきボード「とびらボード」にスケッチして、自分だけのオリジナルポストカードをつくるプログラム。ぬり絵コーナーも設置。

プログラム3:とびとびスペシャル 事前申込、対象:幼稚園/保育園年長(5歳)~中学3年生、定員:各回5組。障害の有無に関わらず「ひとりでこどもを連れて行くのは不安」と感じる保護者と子どもたちにアート・コミュニケータが寄り添い展覧会を楽しむプログラム。

*プログラム4:ベビーといっしょにミュージアム 事前申込、対象:0歳~4歳程度(ベビーカーに乗る乳幼児)とその保護者、定員:5組。赤ちゃんと一緒でも安心して美術館を楽しめるよう、アート・コミュニケータが作品鑑賞に付き添うプログラム。授乳室などの施設設備もご案内する。

 

◎東京都美術館webサイト:http://www.tobikan.jp ◎ボストン美術館の至宝展—東西の名品、珠玉のコレクション 特設webサイト:http://boston2017-18.jp ◎とびらプロジェクトwebサイト:http://tobira-project.info