NPO法人ARDA
MENU
MENU
前のページへ戻る

見て話そう・撮ってみよう鑑賞ワークショップ@神奈川県民ホール12/20&1/12

対話で美術鑑賞 2018年11月26日

神奈川県民ホールギャラリーの個性的な5つの展示空間を活かし、インスタレーションを中心に同時代のアートを紹介するグループ展”5Rooms”にて、鑑賞ワークショップを開催します。2回目の開催となる今回の”5Rooms”のテーマは「けはいの純度」。
繊細かつ、鋭く、美しいインスタレーション作品たちをみなさんがどんなふうにみて、どんなお話になるのでしょうか?作品を撮影するワークショップも初の試みです!
クリックで拡大します
<鑑賞ワークショップ> ※要予約
作品を見ながら、心に感じたことなどを話してみませんか。 
グループで鑑賞すると、作品や自分自身について新たな発見があるかもしれません。
<日時・対象> 
①見て 話そう
 12/20(木)15:00ー16:00 中学生・高校生対象
②見て 話して 撮ってみよう
 1/12(土)14:00―15:30 高校生以上
 ②は、参加者による作品の撮影を行います。スマートフォンやデジタルカメラをご持参ください。
定員 : 各回14人 
参加費 : 無料(ただし展覧会の入場券が必要)
<お申込み>
電話で下記についてご連絡ください。
氏名 / 年齢(学年) / 性別 / 連絡先 / 参加希望日
電話 045-633-3795(神奈川県民ホール事業課 美術グループ/平日10:00-17:00)
<締切>
①12/19(水)、②1/9(水)
定員に達した場合、早期締切といたします。
いただいた個人情報は、本ワークショップの実地についてのみ使用します。

 
5RoomsⅡ ー けはいの純度

目には見えないけれど、確かに存在する大切なこと
心の機微、生命と死の営み、存在の痕跡、何かを美しいと思う瞬間など、言葉にすると本質から離れていってしまいそうな、直観でしか捉えようのないことがあります。
本展覧会では、目に見える現実の向こう側にあるそのような何かを「けはい」という言葉に置き換え、作品を通して探ってみたいと思います。鉱石から金属を取り出し純度を高めていくように、アーティストが作品化することによって純度が高められた「けはい」を感じてみてください。
http://www.kanakengallery.com/detail?id=35695

展示作家 : 和田裕美子、橋本雅也、七搦 綾乃、スコット・アレン、大西 康明
会期 :  2018年12月17日(月)~2019年01月19日(土) 
時間 : 
10:00-18:00(入場は閉場の30分前まで)
休み : 12/30(日)~1/4(金)
会場 : 神奈川県民ホール 横浜市中区山下町3-1
アクセス : みなとみらい線日本大通り駅3番出口より徒歩約8分
※JR根岸線・市営地下鉄関内駅からは徒歩約15分かかります。
入場料 : 一般700円 / 学生・65歳以上500円 / 高校生以下無料
*障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
*10名以上の団体は100円引き