NPO法人ARDA
MENU
MENU
前のページへ戻る

子どもも大人も!声とからだで音をつむぐワークショップ3/23(土)開催

アートワークショップ 2019年02月28日

楽譜ではなく、人間の呼吸のリズムをきっかけとする単純なルールをもとに音を紡ぎ出していく独自の表現により演奏を行う・つむぎね・宮内康乃のワークショップ「声とからだで音つむぎ」+保育の中でのアートの実践についてのトークを開催します。👉お申し込みはこちら👈

<ワークショップ 14:00-16:00>
対象:年中さん〜大人(小学3年生以下は保護者同伴のご参加)
料金:1人2000円(小学3年生以下のお子さんは1人1000円)
定員:20名
<トーク 16:15-17:30>
トークのみのご参加は1000円(ワークショップ参加者無料)
定員:50名
<お申込み情報は後述>

*「声とからだで音つむぎ」* . . . シンプルで誰でもできるつむぎねメソッドを用いた独創的なワークショップ
リズム・強弱・息づかいを工夫すると、からだの中で声が響いて自分が楽器になったように、たくさんの音色を出せることに気づきます。他の人の発声や周りの音にも耳をすませて、コミュニケーションしながら不思議な音の空間をつくりだしていきます。
一人ひとりの音色や全体のハーモニーを楽しんだあと、シバウラハウスの有機的な空間をいかしたグループ活動をして、最後に発表・鑑賞をします。

*トーク* . . . アートワークショップでは何が起こるのか、NPO ARDAとつむぎね・宮内がこれまでのエピソードを交えながら話します。
NPO ARDAは2002年設立以来子どもから高齢者まで様々なワークショップを実施しています。ワークショップを価値あるものにするための、場づくりや変化を見逃さない意識など、丁寧なコーディネートを紹介します。
つむぎね・宮内さんには、ご自身が考える音楽がもつ社会や人間をつなげる力について、活動やリサーチを紹介していただき、最後に簡単なワークショップをします。

アートはすべての人が持つ”チカラ”。アーティストの自由でユニークな視点・表現は子どもたちと通じ合います。保育、アート、社会はどのような関係を持っていけばよいでしょうか?保育者、保護者、ワークショップをしている方や興味のある方、みなさまとお話しながら考えつながる機会とします。

日付:2019年3月23日㈯
時間:ワークショップ 14:00-16:00、トーク 16:15-17:30
会場: SHIBAURA HOUSE http://www.shibaurahouse.jp
住所:〒108-0023 東京都港区芝浦3-15-4 
交通:JR 田町駅芝浦口より徒歩7分 都営三田線・浅草線 三田駅A4出口より徒歩10分

<ご予約・お問い合わせ> . . . NPO ARDA(アルダ)
・ウェブ:https://goo.gl/forms/C9EkAq2YAbTsISuO2
・電話: 03-3518-9630(平日11:00~18:00 不在の場合は折り返し)
・メール: info@arda.jp
 件名を「つむぎね」とし、以下を記入しお送りください。必要情報:お名前、ご連絡先(メールアドレス・電話番号)、参加者の人数とご年齢(小学3年生以下かどうか)、参加する内容(ワークショップ、トーク、両方)
 ※情報は今回のワークショップのみに使用いたします。

アーティスト:つむぎね・宮内康乃 http://tsumugine.com/
2008年より作曲家・宮内康乃を中心に結成した音楽パフォーマンスグループ。おもに声や鍵盤ハーモニカを使い、個々がそれぞれ音の粒子となり、その粒子が複数重なりあって、変化、融合することで空間上の響きを紡ぎ出していくパフォーマンスを展開する。

主催:NPO アルダ http://arda.jp
2007年から港区の保育園、幼稚園を始め様々なアートワークショップを展開。施設の日常や希望を反映、アーティストの視点を生かし、ワークショップ後の日常につながるようにコーディネート。

SHIBAURA HOUSE 2018年度フレンドシップ・プログラムの一環として開催されます。