認定NPO法人ARDA
MENU
MENU
前のページへ戻る

協力いただいたアーティスト

※50音順

新井英夫(あらいひでお) 
からだ
高齢者

体奏家 /ダンス・アーティスト。幼少より落語に親しみ、高校時代より演劇を始める。野外劇や大道芸などを経て総合的身体表現へ。1989〜98年まで「力を抜いて自然な動きを探る」身体メソッド野口体操を創始者野口三千三氏から学び深い影響を受ける。1997年より国内外でのダンス活動を本格的に開始。他ジャンルアーティストとの国際共同創作も多数。公演活動との両輪として、障碍のある方や乳幼児〜高齢者の方まで幅広い対象に向けた「からだからダンスを発見する」ワークショップを各地で実施。(写真:水都大阪©2009)

市原幹也(いちはらみきや) 
演劇

演出家。劇団のこされ劇場≡主宰。演劇センターF芸術監督。様々な人と関わるなかで生まれるその度新しい形式で発表をしている。作品が国際的な演劇祭へ招聘される一方で、子供から高齢者まで幅広い年齢層の市民を対象にした創作や、コミュニティプログラムを多数実施。

伊藤キム(いとうきむ) 
からだ

舞踏家・古川あんずに師事。95年「伊藤キム+輝く未来」を結成。96年バニョレ国際振付賞。13年京都・本能寺創建600年の記念イベント『本能寺のD』で演出・振付・出演、国内外をツアー。他にも現役中高生との作品制作、おやじが踊って給仕する「おやじカフェ」のプロデュースを国内外で行う。京都造形芸術大学客員教授。2015年、新カンパニーGEROを結成して10年ぶりに創作活動を再開。

今井紀彰(いまいのりあき) 
造形

すでに滅び世界各地で語り継がれる動物たちをモチーフにした、写真による巨大なコラージュ作品のほか、さまざまな造形作品を制作。土地の力を感じることや、コミュニケーションをテーマに写真を使ったワークショップや複数のワークショップを同時にひとつの会場で開催する「芸術大サーカス」などの活動をしている。

岩下徹(いわしたとおる) 
からだ
高齢者

国際的な舞踏集団<山海塾>舞踏手。ソロ活動では<交換(コミュニケーション)としての即興ダンス>の可能性を追求。82〜85年石井満隆ダンスワークショップで即興を学び、83年ソロ活動開始。かって精神的危機から自分のからだを再認識することで立ち直った経験を原点とするソロダンス。1989年より滋賀県・湖南病院(精神科)で「ダンスセラピーの試み」を継続している。

開発好明(かいはつよしあき) 
造形

多摩美術大学非常勤講師。様々な地域で住民や参加者と交流しながらつくるコミュニケーションアーティストとして国際的に活動。04年ヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展日本館[おたく:人格=空間=都市]、06・09・15年「越後妻有大地の芸術祭」。13年三宅島大学「100人先生」、14年「中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス」、01年より毎年国際的に開催される「サンキューアートの日」を企画。

片岡亮太(かたおかりょうた) 
おと

和太鼓&パーカッション奏者。歌やホーミーなどを組み合わせた独自の音世界で各種イベントに出演、各地で好評を博す。2012年度より筑波大学付属視覚特別支援学校小学部での和太鼓指導、「文化出前講座」、「コミュニケーション能力の育成に関する芸術表現体験」等の講師として多数の指導、演奏、講演を実施。

木谷安憲(きだにあんけん) 
造形
高齢者

美術家。1986年金沢美術工芸大学油絵科卒業。2011年東京芸術大学大学院芸術学修了。1997年よりワークショップクリエイターとして活躍。影絵、紙芝居、ゲーム、絵本、漢字文字、美術史などテーマは幅広い。子どもから高齢者まで年齢を超えて参加者の自由な発想を広げていける内容で楽しいと好評。2008年マイアミのアートフェアーに選出され、2013年NYで個展、画家としても活躍中。2015年には『ショコラくんのおこさまランチ』(教育画劇)で絵本デビューを果たす。

Co.山田うん(こやまだうん) 
からだ

ダンサー・振付家の山田うん主宰のダンスカンパニー。国内外の舞台活動と並行して、全国各地の保育園、幼稚園、学校、障がい者施設等で長年ワークショップを展開。大きな心持ちと、鍛え抜かれた身体、そしてダンス以外の様々な表現、人生経験を活かし、全身全霊を投入するパフォーマンスは観客やワークショップ参加者に生きる歓びを与え、反響を与えている。

白濱雅也(しらはままさや) 
造形

美術家。不条理物語世界を描く悪意のメルヘンシリーズを発表。2013年妻有アートトリエンナーレ「はつがの家」アートディレクター。シニカルな物語世界を紡ぐ制作のかたわら、アートイベント企画、ワークショップを多数実施、創作の楽しさを伝える活動を続けている。

関野宏子(せきのひろこ) 
からだ

色彩豊かなフリース素材を自由自在にミシンで縫い、オリジナルキャラクターの「ニョロ」をはじめ、観客が自由に組み合わせて遊んだり体に巻きつけたりして“アート”を構えずにふれて楽しめるような体験型の作品を数多く制作。

即興からめーる団(そっきょうからめーるだん) 
おと

音楽家・赤羽美希と打楽器奏者・正木恵子による音楽ユニット。うたづくり、音あそび、楽器を使った音楽ワークショップを企画・実践するほか、コンサートホールやライブハウス、公共施設、学校等での演奏活動も行っている。うたの住む家プロジェクト主催。既成概念にとらわれない、自由で面白い作品づくりと、ワークショップに参加した人、その一人一人がいなければ成り立ち得ないような音楽作りを目指している。

竹中幸子(たけなかゆきこ) 
からだ

障害のある方を含むダンスグループ「ベストプレイス」をたちあげる。自分の体を認識し、体を使っていろいろな表現が可能なことを体験し、そばにいる友達や、物や空気などを感じながら、動くことを大切にするワークショップをおこなう。

ナカガワエリ(なかがわえり) 
おと

即興楽団UDje( )団長(即興音楽家)。うた、叫び、踊り、楽器演奏などを素材とし、人間がもつばらばらで多様な個性をいかしてひとつの場を即興的につくる実践に取り組む。最近では楽団以外での出演や声のワークショップも多数おこなう。また楽団でも地域のイベントなどで参加型の即興ライブをおこなうほか、全国各地の学校や社会福祉施設、公民館などでワークショップを展開。

中津川浩章(なかつがわひろあき) 
造形

ブルーバイオレットの線描を主体とした大画面のドローイング・ペインティングを国内外で発表。人間にとっての「描くこと」「見ること」とは何かを問い続けている。美術家としての活動だけでなく、福祉、教育、障碍といった、社会とアートの関係を作り出す活動多数。障碍を持つ人のアートで有名な福祉作業所「工房集」や千代田3331の「エイブルアートスタジオ」での障碍者の作品制作サポートや展覧会ディレクター。

野村誠(のむらまこと) 
おと
高齢者

作曲家/ピアニスト/鍵盤ハーモニカ奏者。02年より小学校で生徒とオリジナル音楽を発表。06年度NHK教育テレビ「あいのて」番組監修+レギュラー出演。13年インドネシアとタイで現地の音楽家と26の共同作曲を行う。14年1010人の演奏者による「千住1010人」を実現。現在、千住だじゃれ音楽祭芸術監督。日本センチュリー交響楽団コミュニティプログラムディレクター。作品に「たまごをもって家出する」ピアノ曲、「踊れ!ベートーヴェン」ガムラン、他多数。著書に「音楽の未来を作曲する」「老人ホームに音楽がひびく」等。

早川朋子(はやかわともこ) 
からだ

振付家・ダンサー。小学生、大学生や学校の先生、俳優とのワークショップを各地で行うほか、障害を持った人との作品づくりや、美術館にて親子ワークショップ、東京理科大学建築学科の学生と空間を生かしたパフォーマンスづくりなどにあたる。女子美術大学非常勤講師、1級建築士。

林香奈(はやしかな) 
おと

鍵盤ハーモニカ・おもちゃ楽器演奏・即興歌・音遊びなどで演奏活動やワークショップを行う。絵から発想するオリジナル紙芝居パフォーマンスや音楽劇なども展開。様々な人たちとのコラボレーションによる芸術プロジェクトを数多くてがける。保育・教育者を対象とした講習会も行っている。

藤原ゆみこ(ふじわらゆみこ) 
造形
高齢者

日本画家。1985年東京藝術大学大学院美術研究科修了。毎年、個展を中心に作品を発表すると共に、心身の障碍・疾病を抱えた方々へのワークショップ、アートクラスを展開している。アート・レシピが豊富で100以上もある。その他パブリックアートの制作に携わる。(名古屋日赤病院壁画、座間市ハーモニーホール壁画、明治記念館末広の間、他)。絵本作品「赤い星と青い空」「一度も抱かれなかった人間の話」「おっちゃんの長い夏休み」他がある。

古川知泉(ふるかわちせん) 
造形

龍生派家元一級教授/現代芸術家。日本の伝統文化である“いけばな”をマスターして、植物が持つ自然観を現代美術として表現する。美術館・画廊でまた、海外でも多数出展。高齢者ホーム、児童館、保育園で植物のいのちを体感するワークショップを展開する。

前沢知子(まえざわともこ) 
造形

美術家、美術教育研究。「美術から子育てを学ぶ会」会長、「前沢知子スタジオ」代表。上野の森美術館、国立国際美術館、東京オペラシティなど国内外で展覧会を多数開催。また子育て支援センターなど様々な施設で「描画活動と発達/コミュニケーション」などをテーマにワークショップや講演会、研修会を多数実施。「美術と子育てと地域」の連帯に取り組む。子ども&親子の絵画教室も主催する。

前嶋のの(まえじまのの) 
おと

国立音楽大学音楽教育学部リトミック専修卒業。大学在学中より舞台の作・演出・作曲を手がける。2008年「ギィ・フォワシイ演劇コンクール」にて最優秀賞受賞。作風はミュージカルや音楽劇など、生演奏を取り入れたものが多い。近年は親子で楽しめる作品の創作やワークショップ講師を務めるなど、子ども向けの演劇事業にも取り組んでいる。

水嶋一江(みずしまかずえ) 
おと

スタジオ・イヴを結成し、糸と紙コップを用いたオリジナル楽器『ストリングラフィ』による演奏活動をおこなっている。アンサンブルを組み、国内外のフェスティバル、文化施設、大学で延べ1000を超えるコンサート、またワークショップを実施。

宮内康乃(みやうちやすの) 
おと

音楽パフォーマンスグループつむぎねの中心となる作曲家。主に声と鍵盤ハーモニカをつかって、楽譜ではなく、単純なルールをもとに音を紡ぎ出していく、独自の表現によるパフォーマンスを展開する。シンプルなアプローチ故に誰もが参加できる特徴から、そのメソッドにより老若男女誰もが参加して行うワークショップ活動に力を入れている。

宮元三恵(みやもとみえ) 
造形

子どもの身体感覚をテーマにした「BLISS」(03-04年)、動物の巣をモチーフにしたシリーズ「NEST」(00年—)など、空間の知覚や体験をテーマとする活動をヨーロッパと日本で展開。子どもとの空間制作も行なっている。10年より、東京工科大学デザイン学部准教授。

みわはるき(みわはるき) 
造形
高齢者

美術家。ピンクを中心に色彩豊かな抽象画を個展・グループ展で毎年発表。こどもの絵画教室をはじめ、町田デザイン専門学校講師、跡見学園短期大学、杏林大学非常勤講師を経て老人福祉施設で絵画クラブの講師等。こどもから高齢者まで様々な年齢の人々に美術を教えた豊富な経験を持つ。ひとり一人の作品から個性を引き出し、専門的観点から評する。

森下真樹(もりしたまき) 
からだ

ダンサー・振付家。国内外でソロ作品を上演。周囲を一気に巻き込み、独特な「間」からくる予測不可能、奇想天外な動きで展開されるユニークかつパワフルなワールドが特徴。また、全国各地にて子どもから高齢者まで幅広い世代へ向けてオリジナルダンスワークショップを開催。ダンスが人や街を元気にすると信じ、地域に根ざした活動をおこなっている。

若鍋久美子(わかなべくみこ) 
おと
からだ

フリーの打楽器奏者としてクラシックを中心に、即興セッション、コンテンポラリーダンサーとのコラボレーションなどジャンルを問わず活動中。‘音と身体をつないでいくこと’を大切に、子どもたちと音やリズムであそぶワークショップや、特別支援学校の楽器指導なども行っている。
打楽器トリオ≪Tripcy トリプシー≫、コントラバス&打楽器デュオ≪またたび≫、オカリナ奏者エトウヒロノリ主宰≪骨董書店≫として活動。