NPO法人ARDA
MENU
MENU
前のページへ戻る

アートわっか・すぎなみ まちなかギャラリーでおしゃべり鑑賞会

対話で美術鑑賞 2017年12月05日

小学校での授業を中心に活動しているアートわっか・すぎなみのチームですが、「美術館に行ってみたくなった!」「ほんものの作品をみてみたい!」という子どもたちの言葉を聞くたびに、私たちもいつか本物の作品を一緒にみに行きたいな…と思っていました。

そこで、今年は区内のギャラリーでおしゃべり鑑賞会を開催!
実施日までに何度も研修をして、下見をして……。わっかさんにとっても新しいチャレンジです!

声をかけたのはこれまでに授業を行ってきた子どもたちとその家族。
会場は「遊工房アートスペース」さんにご協力いただきました。

授業ではアートカードを使いますが、今日は問いかけカードをつかって、作品をじっくりじっくりみていきます。

「どんな音がきこえる?」という問いかけに、「台所の音」「無音だからしーんとしている」など、音の要素のない作品にも耳をすませて作品のイメージを広げていきます。

「どこだろう?」という問いには、「東京みたいな都会」「二つの紙が離れているのは、都会と田舎の境目なのかも…」と、次第に作品の世界観の中に入っていきます。

わっかさんたちは初めての鑑賞会で緊張しながらも、「楽しかった〜!」と、みんなで笑顔で終了しました。今後も何らかの形で実施していきたいね! と振り返りました。

(のん)