NPO法人ARDA
MENU
MENU
前のページへ戻る

美術館

美術館と協働し、芸術資源(美術作品・美術施設・アーティスト)と鑑賞者の豊かな出会いをつくる鑑賞コミュニケーターの育成活動やそのコミュニティの形成支援、プログラムの開発を通して、充実したアート・コミュニケーションの場を創出しています。地域の子どもたちが自分の街にある文化芸術を通じて、未知のモノとの豊かな出会いや新しい自分を発見する機会が生まれます。

学校連携支援・鑑賞コミュニケーター育成とコミュニティ形成支援

美術館の中に学校連携を担当する専任学芸員が十分に配置されていないという実状があります。そこで市民ボランティアを募り、仲間同士で学びあいながら、美術館の活動を支えるコミュニティの仕組みをつくます。

●佐倉市立美術館ミテ・ハナソウ・プロジェクト 企画協力&講師(2013年~) 

鑑賞コミュニケーターは「ミテ*ハナさん」と呼ばれています。ARDAはミテ*ハナさんの募集と選考、育成研修、事前授業や美術館訪問のプログラム提供、SNSを活用したミテ*ハナさんのコミュニティ運営の仕組み、アウトリーチ活動の支援ほか、ミテ・ハナソウ展の企画協力を行ってきました。
学校連携授業のコーディネーター役も、ミテハナさんが有償ボランティアとして担当し、学校との打合せや当日の運営を管理も自ら行っています。
学校との連携授業が大きな役割ですが、活動の枠を決めつけず、ミテ*ハナさんのアイディアと自主性を大事にしながら、活動の幅を広げてきました。例えば、ミテ*ハナさんの発案ではじまった、月1回のミテ・ハナソウ・カイや地域の高齢者施設などでのアウトリーチ活動は、企画作りから実施、ふりかえりまで自律的に運営されています。市民が集い、美術館の新しい価値をつくりだすコミュニティとなり、美術館活動の大きな力になっています。
*2015-2017年度  文化庁「地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業」助成
*2018-2020年度  文化庁「地域と共働した美術館・博物館創造活動支援事業」助成

> 佐倉市立美術館との協働の詳細はこちら
>  のウェブサイトはこちら

●平塚市美術館 ひらビあーつま〜れ 企画協力&講師(2015年〜)

学校連携は社会教育機関である美術館にとって、重要な活動のひとつです。長年独自の教育普及活動を展開してきた美術館である平塚美術館は、学校連携をさらに充実させるためにARDAの大和市の事業に何度も視察にいらっしゃいました。そして校長会や図工部会への説明を重ねながら、希望するすべての小学校で2時間の事前授業と美術館訪問を可能とするために、鑑賞コミュニケータ育成をはじめました。対話をしながら進む2時間の丁寧な授業は好評で、年々美術館を訪問する小学校は増えてきています。
学校授業の少ない時期は、鑑賞ボランティアの発案で展覧会の会場で、幼児から一般まで幅広い人を対象に「おしゃべり美術館」を開催しています。

>>
平塚市美術館の対話による美術鑑賞について

 

鑑賞コミュニケーター育成・対話型鑑賞講座 講師

美術館や博物館のスタッフやボランティア、教員向けの講座講師をおこなっています。年間を通した鑑賞コミュニケーターの育成や1泊2日のワークショップ型の講座、あるいは半日の講座といったように状況と目的にあわせて、内容を組むことができます。

東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」 鑑賞実践講座講師(2012年〜)

2012年からスタートした「とびらプロジェクト」の鑑賞実践講座講師を務めています。
  

沖縄県立博物館・美術館支援会happ鑑賞ボランティア講座 講師(2014〜2015年)
アーツ前橋 鑑賞サポーター研修講師(2015〜2016年)
アルテピアッツァ美唄 美術鑑賞コミュニケーター講師(2015年)

 

その他:鳥取県立博物館 ミュージアムネットワーク 研修「対話型美術-学びの可能性とその仕組みづくり」講師(2020年)、船橋市教育委員会「美術活動を推進するための勉強会」講師 (2019年)、多摩六都科学館 スタッフ研修 講師(2018年)、群馬県立近代美術館 教員向け講座(2017年)、松本市美術館「未来の学都を支える子ども育成事業」作品をみる・考える・話す・聴く講座講師(2013年)、千葉市美術館「ボランティア養成研修基礎講座」(2013年)、等

 

鑑賞プログラム企画運営

学校連携のためのプログラムづくりや教材作成、1日だけの特別な企画としての鑑賞プログラムも企画・実施します。美術館に慣れない子どもたちや一般、高齢者施設にお住いのお年寄りとの特別な日を丁寧につむぎます。

●女子美術大学アートミュージアム  「コレクション展 作品と授業をつなぐ試み」展示協力と鑑賞プログラム(2019年)

2019年7月14日,7月27日 全2回
展示:「コレクション展 作品と授業をつなぐ試み」

●うらわ美術館「美術への挑戦 1960’s-80’s: 秘蔵されていたアート・ブック」スクール・プログラム&ツール開発と運営(2018年)

2015年9月25日,10月2日  全2回
展示:「新収蔵品展―特集:石田徹也の世界―」「画家の詩、詩人の絵-絵は詩のごとく、詩は絵のごとく」

●川崎市岡本太郎美術館「岡本太郎と遊ぶ PLAY with TAR0」 鑑賞&ワークショップ(2017年)

2017年8月13日「太郎作品をさわって遊ぶ」創作ワークショップ 1回
9月10日「TARO型作品鑑賞」鑑賞ワークショップ 1回

●サントリー美術館「まるごといちにちこどもびじゅつかん!」
 おしゃべり鑑賞ツアー(2014-2015年)

2014年8月12日(11,13,15,17時 4回×2ツアー)全8回 
展示:「プラハ国立美術工芸博物館所蔵」
2015年1月5日(10,13,15,17時 全4回×3ツアー)全12回  
展示:「水-神秘のかたち」

●文化庁メディア芸術祭ガイドツアー(2014年)

2015年2月6日,8日,11日 全3回

●川崎市民ミュージアム高齢者福祉プログラム
「対話による鑑賞会-アートでおはなし-」企画運営(2013年)

川崎市内の高齢者施設にお住まいの高齢者と介護者の方々に美術館にいらしていただき、対話のワークショップを行いました。
・第1回2013年9月25日「未来と過去に想いをめぐらせ、語り合う」
 展示:柴川敏之「2000年後の今に触れる☆プロジェクト/PLANET TACTLE」
・第2回2014年2月26日「タベルことにまつわるお話会」
 展示:「タベルことにまつわること」

●佐倉市立美術館ミテ・ハナソウ・プロジェクト(2013年)
 「ミテハナソウカイ」の運営

2014年2月15,22日,3月1日,3日,8日,15日,22日  全6回 
展示:「国立美術館巡回展 西洋へのあこがれ 個のめざめ」

その他:神奈川県民ホール「見て話して撮ってみよう」(2018年)、大田区龍子記念館「超☆獣百科 描かれた生きものになりきろう!」(2018年)、NTT インターコミュニケーション・センター[ICC] 「おしゃべりアート探検隊」(2017年)、平塚市立美術館 鑑賞&トーク体験会(2015年)など

実施した鑑賞コミュニケーターの育成