NPO法人ARDA
MENU
MENU
前のページへ戻る

アートわっか・すぎなみ 10月の土曜授業より

対話で美術鑑賞 2017年12月13日

10月21日(土)、土曜授業に行ってきました!
当日は台風が接近中。
あいにくの天気でしたが、わっかさん総勢17名で計3クラスの子ども達と活動してきました。

どのクラスも始める前はみな少し不安そうな表情でしたが、いざグループで活動を始めると、身を前に乗り出して、真剣にカードを見ている姿が見られました。
以前、図工の授業でアートカードを使ったことがあるそうです。
そのせいか、みんなカードを隅々までよく見て話をしてくれています。

共通点探しゲームでは沢山の共通点を発見してくれました。
発言するのを恥ずかしがっている子でも、「何か共通点見つけられた?」と聞いてみると、恥ずかしそうにしながらも必ず発言を返してくれ、とても嬉しい瞬間でした!

物語作りゲームでは、3枚のカードにつながりを見つけて物語を作る子もいれば、カードから受ける印象(まぬけな感じ、お金持ちそうな家族、などなど)からお話を作る子もいて、「どこからそう思ったの?」と問いかけると、絵の中にちゃんと根拠を示してくれます。
共通点探しでカードをじっくり見たからこそ生まれてくる物語だと感じました。

あっという間に時間が過ぎ、授業が終わる頃には教室の場もすっかり温まったのではないでしょうか。

2学期は1学期に比べて実施校が多いので今後も楽しみです。
沢山の子ども達と活動しながら、楽しい対話の場を作っていけたらと思います!

(アートわっか・みやざわ)