NPO法人ARDA
MENU
MENU
前のページへ戻る

第8回対話型鑑賞ファシリテーター講座スタート!

対話で美術鑑賞 2017年12月25日

昨年に引き続きかなっくホール様との共催で、8回目の対話型鑑賞ファシリテーター講座がはじまりました。
初日の盛り上がりどころはやはり「対話による美術鑑賞体験」でした。3つの作品について、がっつり時間をかけて対話しながら鑑賞しました。1作品目より2作品目、そして3作品目とどんどん作品に迫る鑑賞体験になりました。みなさん、身を乗り出して作品に見入ってました。

  

 この講座で初めて「対話による鑑賞」を体験した受講生からは
「美術鑑賞ってこんなに楽しいのかと自分の固定観念がガラリとかわりました!」
という感想が。目からウロコの体験だったようです。
私も初めて体験したときに同じことを感じました。
みんなで鑑賞すると、自分ひとりでは行けない場所へ行けるんです。すごく面白いんです!

  

来月1月13日の講座3日目は、受講生のみなさんが自分で選んだ作品でファシリテーションを実践します。とても楽しみです!
(おじゃ)