NPO法人ARDA
MENU
MENU
前のページへ戻る

アートみーる 今年度は全校実施!

対話で美術鑑賞 2016年07月29日

アートみーるの学校訪問は3年目をむかえ、いよいよ西東京市立のすべての小学校での実施となります。夏休みまでに4校で授業を実施しましたが、今回は5月末に行った、今年度最初の授業の様子をレポートします。

3月以来、久しぶりの学校現場にみーるさんたちもワクワクしながら集合しました。

西東京の小学校は毎回授業を実施する環境が異なるのですが、機材のセッティングも慣れたものになり、どんなところでも作品鑑賞の空間に変えてしまいます!

今回はそんな鑑賞空間演出ツールの一つ、星柄の暗幕が女の子たちに大人気だったとのこと。鑑賞のときに敷くピクニックシートもそうですが、そういうちょっとしたキラキラ感を散りばめながら、楽しくのびのびできることを大切にしています。みーるさんたちの細かな気配りによって、毎回素敵な時間が生まれています。

そんな空間のなかで子どもたちは、「杖をついている人は目が見えないから病院に連れて行こうとしている」「雨が降り出しそうだから、早く家に帰ろうとしてるみたい」「雲の上の方は明るいから晴れていく感じもする」「二人は誰かのために贈り物を届けようとしている」などと作品について、よくみてたくさんお話ししてくれました。

さらに今年度は、たった1回の授業で終わることなく、その後も、作品をみること・考えることを続けていってほしいという願いをこめて、ワークシートを作成し、授業の終わりに子どもたちにプレゼントしています!

3月まで全18校、一回一回を大切に駆け抜けていきます!

0728_1 0729_2

(のん)