NPO法人ARDA
MENU
MENU
前のページへ戻る

丸の内キッズフェスタ

アートワークショップ 2009年08月21日

 8月11日(火)夏休みのど真ん中。有楽町の東京国際フォーラムにて、木谷安憲さん(美術家)ワークショップ『かいてみようシルエット』を開催いたしました。朝方の大きな地震と台風が接近している情報の中、「子どもたち来るかな?」という思いをよぎらせながら準備を開始。そんな私たちの不安を吹き飛ばすかのように入口にはたくさんの子どもたちや大人の方が列をして待っていてくれました。
 木谷安憲さんがつくってくれた『シルエット』を選んでもらい、ポスカを使って自分の中でイメージする姿を描いていきました。みんな一心不乱にどんどんと描き進め、かたちが活き活きと手元で動き出してきました。
R1053148ankenR1053132
R1053183_haruR1053234kansei
 壁紙に貼るところもしっかり考えて。コミュニケーターの方に手伝ってもらいながら、ぞうさんの鼻をはうイタズラさんや同じ形のシルエットの側、真ん中やちょっと控えめにはじっこなど、お話しながら決めていきました。しばらく展示した後、各人がお帰りになる際は木谷安憲さんのハンコシートに入れてみなさんへお渡ししました。2才に満たないお子さまから大人まで120人以上の方が参加ぐださいました。木谷安憲さんのシルエットからたくさんの作品が生み出されました。どれも個性に溢れた色彩や描き方で印象に残るものばかりです。
 ARDAスタッフもいつもとは違ったワークショップへの取り組みでしたが、木谷安憲さんの魅惑パワーと参加していただいた方もしっかりパワー返していただき『創造どうぶつ』が生み出される場になれ、それそれの子どもたちの自慢げな表情を垣間みれ、『アートはいきもの』だと実感させられました。また、コミュニケーターとして杉並ボランティアから参加、大学生の方の盛り立もすばらしかったです。素直に楽しむことの大切を再認識されました。ありがとうございました。
R1053137sakR1053220_sakR1053139sak
R1053223ALL2