NPO法人ARDA
MENU
MENU
前のページへ戻る

一般向け講座(教員・社会人)

満席につき、キャンセル待ちになります
一般向けの「対話型鑑賞ファシリテーター講座」を毎年2回開催。2012年の開講以来、3日間という短期間の講座で、鑑賞ファシリテーターとしての理論と実践を学ぶことができます。
<講座の特徴>
1体験・理論・実践のバランスがとれた充実プログラム
 鑑賞体験の理論を学び、実践し、ふりかえりを繰り返して学びを深めることができます。
2少人数制だから丁寧・的確なフィードバックを得られる
 講師からのフィードバック、受講生同士の意見交換の機会が豊富にあります。
3終了後も学び続けられる、フォローアップ環境が整っている
 スキルアップのための勉強会を毎月行なっています。勉強会を重ねながら、幼稚園や美術館、アートや地域スペースなどで活動を広げるほか、ARDA事業に参画する方もいます。

kouza_01

参加者は、小中高校・大学・専門学校・日本語学校の教員や、学芸員、アートボランティア、音楽ホールの企画担当、企業人(人事部、企画部など)、アート教室運営者、デザイナー、ダンサーなど様々なバックグランドの方々がいます。

現代社会において、コミュニケーションの中でお互いの理解を深めるということが、これまで以上に必要とされています。中でも、先入観にとらわれず人の意見を「聴く力」はビジネスをはじめ、あらゆる状況において重要だと認識されています。 
対話型鑑賞はアメリカでは美術館や学校だけでなく、企業や病院のスタッフ研修として行われており、卒業生とともに様々な可能性を探求しています。

【講座概要】
日時(予定/土日) 対話型鑑賞を体験しながら、
基礎的理論とファシリテーションを実践
1日目 10:00~17:00 オリエンテーション
レクチャー:対話型観賞とは? ファシリテーターの3つの質問と7つのポイント
実践:ミニ・ファシリテーション
2日目 10:00~17:30 鑑賞体験
レクチャー:作品選びについて
実践:コーチング・ファシリテーション/ミニ・ファシリテーション
<課題提出> 3~4週
3日目 9:30~19:00 レクチャー:ファシリテーターとしての準備
実践:コーチング・ファシリテーション チェックアウト

対 象:教えること、ファシリテーションを仕事にしている方、対話型鑑賞をすでに実践している方から興味がある方まで。アートに関する知識は不要です。
定 員:15名程度 (最低催行人数10名) 受講料: 計3回 54,000円(税込)
*企業や団体からのお申し込みは81,000円(税込)

【講師】

三ツ木紀英(みつきのりえ/アートエデュケーター・ARDA代表理事)
英国留学後、フリーランスや NPOの立場で、美術施設だけでなく街や施設の中で展覧会・ワークショップのコーディネーションを行う。ニューヨーク近代美術館の元教育部長フィリップ・ヤノウィンより、一年にわたりVisual Thinking Strategies を学び、近年は対話による美術鑑賞のファシリテーター育成することで、社会とアートの接点を開拓中。

●主な仕事:大和市(2011-)・西東京市(2013-)「対話による美術鑑賞事業」プロジェクト・エデュケーター、東京都美術館とびらープロジェクト鑑賞実践講座講師(2012年~) 、佐倉市立美術館、平塚市美術館、アーツ前橋等で講師。
●執筆:共著「現代アートの本当の楽しみ方-表現の可能性を見つけにいこう-」(フィルムアート社/2015年)、共著「現代アートの本当の見方-見ることが武器になる-」(フィルムアート社/2014年)、「岡本太郎とアール・ブリュット」展カタログ「今日(こんにち)のワークショップ-自分の中に全体性を取り戻す-」(川崎市立岡本太郎美術館/2013年)等。

【次回開催】
日時:2019年2月16日(土)10:00-17:00、17日(土)10:00-17:30、3月16日(日)9:30-19:00
場所:東京23区内(受付完了後お知らせいたします)
お申し込み・お問合せは講座に関するお問い合わせフォームより。

>>一般向け講座(教員・社会人)の活動報告一覧

実施した鑑賞コミュニケーターの育成